前田祐希 Profile

th_IMG_0472-1.jpg 前田祐希 MAEDA Yuki(Vocalist)
自然に身を委ね
生まれ出た音をつなぎ合わせ歌う
ジャンルも音域も、聴いた形態によってまったく異なる「万華鏡」のようなボーカリスト

4才で琴と日本舞踊のお稽古を始め、幼稚園に入ると自らの希望で、ピアノとミュージカルをも習い始める。中学高校時代は宝塚歌劇団に興味を持ち、歌やダンスのレッスンに明け暮れるが、音大の声楽科へ進む。その後、大学生活の拠点をミュンヘンに移し、10年にわたりヨーロッパ各地で音楽、演劇の研修を重ねながら演奏活動を行う。帰国後「DEBORAH」「Quipu(SPICY☆DEBORAH)」のメインボーカルとして活動。 また、ソロボーカルと しても多くのミュージシャンと共演。横濱ジャズプロムナード、守口門真ジ ャズフェスティバル、熊本Art Plex他各地のジャズフェスティバルにも度々参加。チャレンジし続ける心をモットーに日々楽しく精進中。現在活動中のユニットに「Fjord Sound」「かれいどすけーぷ」がある。長年にわたり数多くのCM作品で歌唱(SONY Vaio、 ハウス食品、六甲のおいしい 水、タケダアリナミンEX、ビクター メッツォ、山一証券、メモリアルアート大野屋、東京シティ競馬、東京モード学園、他) 2004にミュージックスクール「Mujik Clinique JJ」の設立に参加。以後後進の指導にもあたっている。

【リーダーアルバム】
1998:ジョージ・ガーシュイン・ソングブック「JAZZ AGE」 (イ-ストワークス)ガーシュイン生誕100年記念2枚組アルバム。前代未聞ともい える、12人のピアニスト(佐藤允彦、渋谷毅、山下洋輔、板橋文夫、大口純一郎、佐山雅弘、柴野さつき、三宅 純、黒田京子、南 博、フェビアン・レザ・パネ、shezoo)により、ジャズ、ポップス、クラシック、ファンク、即興音楽と幅広いテイ ストにアレンジされた、前田祐希の多彩な表現力をきわ立たせる話題作。
2001:クルト・ワイル・ソングブック「One Touch of Weill」
 (佐藤允彦プロデュー ス/イーストワークス)
2002:コ-ル・ポーター・ソングブック 「Ev'ry Time we say …」
 (佐藤允彦プロデュース/イーストワークス)
iTunes
【Fjord Soundアルバム】
2009:「The Sound of Fjords」(FS-0001/Fjord Sound)VME
2012:「The Colors of Light」(FS-0002/Fjord Sound)VME
【かれいどすけーぷアルバム】
2006:「Kaleidoscope」(Soyokaze Records/ohrai)
2013:「めくるめく光彩のうつろい」(EPS-1111)
【Quipuアルバム】
2001:「GLACE」(toera)「bit」(SPICY☆DEBORAH/hime-hime)
2002:横濱ジャズ・プロムナード・ライヴ版(2001)「天上の夢」(ohrai)
2004:「両手いっぱいの風景」(ohrai)
【コンサート・ライブ】
1998:「横浜みなとみらいホールオープニングコンサート」「横浜ジ ャズプロムナード」パリ公演(FLECHE D'OR CAFE)
2000:横浜バロック室内合奏団定 期演奏会(「月に憑かれたピエロ」シェーン ベルク)
2002:横濱ジャズ・プロム ナード関連公演「シンフォニック inジャズ」(「The Prayer」)
2005:水戸芸術館ACM劇場「SONG THEATRE JAZZ LIVEワイルからガーシュインへ」
2011:「Jazz in Malaysia 2011」No Black Tie クアラルンプール
2012:「HOTEL BOGOTA」「Bechstein in Stilwerk」ベルリン
2015: 「藤井清水音楽祭vol14~国際音楽の日コンサート〜」呉市文化ホール